尼崎・西宮の弁護士による交通事故・後遺障害・損害賠償のご相談

交通事故で高次脳機能障害など頭部外傷の障害でお悩みの方へ

高次脳機能障害・遷延性意識障害などの重い障害でお悩みの被害者、ご家族を支えます

この度、交通事故の被害に遭われましたことを、心よりお見舞い申し上げます。

交通事故で頭部に外傷を受けると、命に関わるような重大な事態を迎えることが多くあります。また、無事に命が助かったとしても、事故前のような元気な動ける体に戻らないこともあります。

高次脳機能障害、遷延性意識障害といった重い後遺障害が残り、これまでどおりの日常生活が難しくなってしまうことがあります

日常生活が難しくなってしまうことがあります

交通事故によって脳に外傷を負った方の中には、一見普通に見えても、事故前と比べて、記憶力や集中力が低下したために勉学や仕事に支障が出たり、感情のコントロールができなくなったために人付き合いが上手くいかなくなったりする方がいらっしゃいます。

このような大きな交通事故に遭うと、事故発生直後から被害者本人とそのご家族は辛く苦しい時間を過ごしながら、様々な問題に直面することになります。

特に、被害者のご家族にとって、悲しみの中での被害者ご本人への介護の問題は、身体的にも精神的にも負担となって重くのしかかります。 介護のために仕事をやめたり、変えたりせざるを得ない方もいます。 それだけ介護の負担は重く、事故後の生活状況が一変することがあります。

これらの苦労は、すべて交通事故が原因です。交通事故に遭わなければ、本来、負担するはずのない苦労です。

被害者本人とそのご家族の身体的・精神的負担を少しでも軽くするために、正当な額の賠償金を受け取る必要があります

正当な額の賠償金を受け取る必要があります

あまりに突然の交通事故で、ご本人が何も分からず、保険会社の提示する金額をそのままのんで、示談をしてしまうケースが見受けられます。

保険会社はたくさんの交通事故を取り扱っています。被害者は、交通事故など一生に一度遭うかどうかであり、 交通事故に関する情報の格差がありすぎするため、保険会社のいいなりになった解決という残念な結果となってしまう場合があります。

実際、保険会社から「これが私たちの会社の事故解決の基準です」と言われ示談に応じてしまった方を多く見てきています。必ずしも保険会社が適正な金額を提示しているとは限りません。むしろ経験上は、適正な金額よりも低い金額を提示してきます。

一度示談が成立してしまうと、原則としてその後やり直すことはできません。

被害者の方やそのご家族が、「あの時、もっとこうしておけばよかった」と後悔されることがないように、事故直後から弁護士へご相談いただくことがとても大切だと考えています。

高次脳機能障害は、どの弁護士に依頼しても結果が同じではありません

高次脳機能障害における保険会社との交渉は、交通事故問題の中でも高度な専門的知識を必要とするため、高次脳機能障害を取り扱った実績のある弁護士に相談する必要があります

後遺障害の認定については、事故直後の検査、定期的な通院、後遺障害診断書作成への医師の協力など、様々なポイントがあります。検査内容、通院状況、診断書の記載の不備などによって、適切に後遺障害が認定されないおそれもあります。

適切な後遺障害が認定されるか否か、認定された等級は何級かといった点で賠償額が数百万円違うことや時には数千万の違いもでてきます。

そして、後遺障害が関係する場合、医学的な領域が不可分となります。 弁護士の業務でも特殊な領域になりますので、被害者の方が適切な後遺障害を受けられるよう、後遺障害に関する知識・経験のある弁護士が担当する必要があります。

アルテでは、被害者の方が適切な経済的補償を受けられるよう、後遺障害問題を重点的に取り扱っています

また、交渉や訴訟で賠償金の交渉をすることのみが、弁護士である私達の仕事ではありません。 専門家として、保険会社とのやり取り、通院、受けておいたほうがよい検査、後遺障害の診断書の助言など、事故直後からトータルでサポートを行い、被害者本人とそのご家族の負担を少しでも取り除くことが、交通事故被害者側の弁護士であるアルテの使命である と考えています。

アルテのサポート

弁護士法人アルテでは、被害者ご本人やご家族の皆様の気持ちに寄り添い、事故直後より直面する様々なお悩みをフルサポートします。

高次脳機能障害でお悩みの方、そのご家族の方は、まずは一度、弁護士法人アルテまでご相談ください。高次脳機能障害に詳しい弁護士が、適正な補償を受けられるように全力でサポートいたします。

高次脳機能障害の特徴

高次脳機能障害の特徴

高次脳機能障害とは、脳に損傷を受けたことにより、認知、記憶、思考、注意の持続等、「高次脳機能」に障害が生じた状態のことをいいます。

高次脳機能障害の特徴は、他の病気と違って、一見正常に見えるため、周りの人が気づきにくいところにあります。

交通事故に遭遇する前と後で、被害者の方の様子が少し変わったと感じられるときは注意して下さい。記憶力や集中力が低下している、感情の起伏が激しくなり、感情のコントロールが上手くできていないといった症状が認められる場合、高次脳機能障害が疑われます。

高次脳機能障害は、一見すると「少し体調がよくないだけ」「疲れているのかも」と、特に気にしないで見過ごしてしまうことがあります。

しかし、高次脳機能障害は、労働能力を大きく制限し、その後の生活にさえ大きな影響を及ぼす障害です。高次脳機能障害も、他の後遺障害と同様、早期に適切な治療を開始することで、高次脳機能障害の症状を軽減できる場合があります。

「事故に遭ってから、どこかおかしい気がする。」といった些細なことでも、高次脳機能障害と疑われる事情があれば、まずは高次脳機能障害に詳しい弁護士に相談されることをお勧めします。

下記に当てはまるようなことはありませんか?

  • check新しいことを覚えられない
  • check以前に覚えていたことを思い出せない
  • check疲れやすくなり、すぐに居眠りするようになった
  • check気が散りやすく、飽きっぽくなった
  • check話が回りくどくなった
  • check複数のことを並行してできなくなった
  • check気分が変わりやすくなった
  • check怒りっぽくなった

高次脳機能障害の解決事例

被害者:20代男性、会社員

・交通事故の発生状況
ご依頼者(20代男性・会社員)が、道路を横断中、自動車にはねられました。
・ご相談・ご依頼のきっかけ
ご依頼者は、医師の診断の結果、頭部外傷により、脳挫傷が認められ、びまん性軸索損傷を窺わせる所見がありました。
また、事故から1年以上経過して症状固定した後も、物忘れ、仕事ができない、ミスが多い、行動を計画したり、正確に遂行することができないなど、社会生活・日常生活に著しい支障がありました。
ご依頼者は、保険会社との対応を続けることが負担となり、当事務所にご相談にいらっしゃいました。
・アルテのサポート
被害者請求により、高次脳機能障害等で後遺障害併合6級を取得しました。
そして、当該等級結果をもとに保険会社と示談交渉を行いました。
保険会社は、後遺障害の逸失利益に関して、基礎収入につき実収入で算出すると主張してきました。しかし、実収入は賃金センサスより低額でした。
そこで、当事務所は、三庁共同提言(東京・大阪・名古屋地裁の「交通事故による逸失利益の算定方式についての共同提言」(判例タイムズ1014号))を根拠に、基礎収入は、全年齢平均の賃金センサスとするよう、主張しました。
三庁共同提言では、比較的若年の被害者(事故時概ね30歳未満)で、生涯を通じて全年齢平均賃金額又は学歴別平均賃金額程度の収入を得られる蓋然性が認められる場合については、基礎収入を全年齢平均賃金額又は学歴別平均賃金額によるとされています。
被害者は、事故当時、被害者と同年齢(同年代)の平均より高い賃金を実際に獲得していたことから、生涯を通じて全年齢平均賃金程度の収入を得られる蓋然性が認められると主張しました。
その結果、後遺症逸失利益の基礎収入は、全年齢平均の賃金センサスとすることが認められました。
以上の経緯を経て、損害賠償金約2200万円を獲得して解決することができました。
・解決結果
  • 賠償金総額 約2,200万円
  • 後遺障害等級併合6級を取得。
  • 後遺症逸失利益の基礎収入は、全年齢平均の賃金センサスが認められる。
  • 後遺症逸失利益の喪失期間に関して、67歳まで認められる。
その他の解決事例 頭部外傷に関するその他の記事