後遺障害の等級認定

後遺障害の等級認定は、医師から症状固定と判断された後に、後遺障害の診断書を作成してもらい、損害保険料率算出機構の調査事務所に申請して、等級認定が行われます。

後遺障害の等級認定の判断において、医師に作成してもらう後遺障害診断書は極めて重要になります。

この後遺障害診断書の内容次第で、適正な等級認定を得ることができるかどうかが大きく決まります。

事故直後より、適切なタイミングで、必要な検査、処置を受け、後遺障害診断書は、できる限り具体的にかつ詳細に、ご自身の症状について伝え、記載していただくようにすることが重要です。

その他にも、後遺障害診断書のポイントはいくつもあるので、まずは、後遺障害に詳しい弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

以下に、ご参考までに、自賠責の後遺障害等級、保険金額、労働能力喪失率を掲載しますので、ご参照ください。

自賠責後遺障害等級表・労働能力喪失率

等級 自賠責保険金額 労働能力喪失率
第1級 3,000~4,000万円 100/100
第2級 2,590~3,000万円 100/100
第3級 2,219万円 100/100
第4級 1,889万円 92/100
第5級 1,574万円 79/100
第6級 1,296万円 67/100
第7級 1,051万円 56/100
第8級 819万円 45/100
第9級 616万円 35/100
第10級 461万円 27/100
第11級 331万円 20/100
第12級 224万円 14/100
第13級 139万円 9/100
第14級 75万円 5/100

後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ