事故から半年経っても、首の痛みが消えません。後遺症の認定を申請したら「非該当」でした。何とかならないでしょうか?

後遺障害等級認定手続は、膨大な案件を迅速に処理することから、書面審査が中心です。

被害者の症状などについて、提出した資料のみでは判断することが困難な場合もあり、不適切な判断もあり得るため、異議申立の制度を設けています。

したがって、後遺障害等級認定で非該当とされたり、予想よりも低い等級が認定され、被害者がこの認定に納得できない場合は、異議申立てをすることができます。

一度弁護士にご相談ください。


後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ