自賠責保険は、どのような場合に、どのようにして保険金が支払われているのでしょうか。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、自動車損害賠償保障法に基づきすべての自動車(自衛隊の自動車等一部例外があります)について契約締結が義務づけられている強制保険です。

自賠法が自動車による人身事故の損害を最低限度保障する措置(被害者救済)として立法化されたものであることから、保険金が支払われるのは他人を死傷させるなどした人身事故による損害に限られます。

また、自賠責保険では、被害者1名についての支払保険金が政令により定められており、支払保険金限度額は、傷害による損害の場合で被害者1名につき120万円、死亡による損害の場合で1名につき3000万円です(後遺障害による損害の場合についても別途限度額の定めがあります)。

実際の保険金の請求に際しては、自賠責保険を超える部分を担保する任意保険が、自賠責保険で支払われる分を含めて一括して被害者に支払った後に自賠責保険から自賠責保険金相当分を回収する取扱いが認められているため、事故当事者間では表面に出ませんが、ほとんどの人身事故で自賠責保険の保険金は支払われています。

また、上記の場合のほか被害者が直接自賠責保険金の支払請求をすることもできます。この直接請求が行われる典型的な例としては、加害者が任意自動車保険契約を締結しておらず賠償する資力のない場合があげられます。


後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ