相手方から過失割合が7:3だと言われていますが、納得できません。過失割合というのは、保険会社が決めるものなのですか。

相手方の述べている過失割合はあくまでも相手方の主張に過ぎず、最終的に過失割合を決定するのは保険会社ではありません。
典型的な交通事故の形態について過去の裁判例などを参考に作成された過失割合基準が公刊されており、保険会社はおおむねこうした基準をもとに過失割合を判断していますが、個々の交通事故の具体的な態様によって過失割合は異なってきます。
弁護士にご相談いただければ相手方と過失割合の交渉を行うこともできます。
過失割合についてどうしても合意に達しない場合には、最終的には裁判で過失割合が決まることになります。


後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ