症状固定段階のサポート

交通事故に遭ってしまい、症状の回復が一進一退となり、これ以上治療があまり効果をあげなくなった状態のことを「症状固定」といいます。

こうなると、交通事故後、治療の効果が見込めない状態であることを理由に、治療費の補償が打ち切られてしまいます。保険会社は、症状固定前に独自の判断により治療費を打ち切ることもあります。

こうした中、交通事故の被害者の方は、後遺症による辛さ、保険会社の対応をしなければならない煩わしさでお悩みになる方が多いです。

弁護士法人アルテは、後遺障害に関するサポートを多く行なっています。

症状固定前からご相談いただくことにより、その先の損害賠償に有利となるアドバイスが可能な場合があります。

まずは、症状固定の前段階からでも、お気軽にご相談下さい。無料相談でしっかりと対応いたします。

また、医師より症状固定の判断がなされる際、治療の経過を踏まえて、以後、後遺障害診断書に記載されるのに必要な検査等を含め、アドバイスいたします。

こちらのページを見ている人は、こちらのページもご覧になっています!

・「治療段階」のサポート

・「後遺障害診断書作成段階」のサポート

・「後遺障害等級の認定段階」のサポート

・「保険会社との示談交渉段階」のサポート

・当社の解決事例

 

後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ