死亡事故・保険会社の示談金を承諾する前に

交通事故による死亡事故の賠償金・慰謝料は、被害者の方にも過失がある場合、その過失割合を控除された金額になります。

しかし、死亡事故の場合、お亡くなりになった被害者の方は何も語ることができず、死亡事故状況を確認することもできません。

それをいいことに、保険会社は、加害者の言い分をもとに、被害者の方に不利な過失を一方的に認定してくる場合があります。

また、保険会社は交渉のプロです。示談交渉の相手となる加害者側の保険会社は、交通事故の専門家であり、損害賠償の交渉を日々の業務として多くの事案を処理していますので、交通事故の専門知識と交渉技術を備えています。

これに対して、被害者側は、交通事故など一生に一度遭うかどうかであり、そこには大きな知識と技術、経験の差があります。

過失割合だけでなく、死亡事故で亡くなった方の逸失利益や、ご遺族の慰謝料など、本来ご遺族が受け取るべき金額を素直に支払ってくるとは限りません。

弁護士法人アルテでは、死亡事故の際、警察が捜査した刑事記録を取り寄せ、事故状況を精査し、被害者の方がどんな死亡事故に巻き込まれてしまったのか、死亡事故の過失割合はどの程度が妥当なのかを調査します。

そして、被害者の方のこれまでの人生の足跡や、ご家族、ご勤務先の方のお話を伺い、損害を的確に把握します。

これらの事実を分析して、ご遺族が適正な補償・慰謝料を受け取ることができるように、示談交渉を進めていきます。

弁護士法人アルテでは、死亡事故の調査や示談交渉、裁判に至るまで、様々なケースで数多くの実績がございますので、安心して交通事故の死亡事故サポートを受けていただくことができます。

死亡事故に関して更に知りたい方はこちら


後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ