被害者本人が意識不明の重体で加害者側と直接交渉できない場合、本人が回復するまで何もできないのでしょうか?

被害者本人が意識不明の重体で加害者側と直接交渉できない場合、本人が回復するまで何もできないのでしょうか。

被害者の代理人を立てて加害者側との交渉を進めることができます。

交通事故の示談交渉では、被害者が意識不明などの重体になり、加害者と交渉することができないという事態になることもあります。

被害者本人が回復するまで待つことができるのであればよいのですが、被害者の家族にとってはその間にも、入院費用や治療費あるいは生活費が必要になります。

そこで、加害者に誠意がある場合には、損害の内金というような形式で一時金を支払ってもらうこともあります。

一時金の支払いを受けた場合、残額については、被害者の回復を待って、被害者本人に直接請求や交渉をしてもらってもよいでしょう。

ところが、被害者家族が精神的に動転していることに乗じて、加害者側が「本人とでないと示談交渉はできない」などと言って一時金の支払いにも応じない場合、被害者家族としては、大変困った状態に置かれることになります。

このような場合には、当事者である被害者に代わって、第三者(代理人)に交渉してもらうのがよいでしょう。

保険会社の担当者が交渉を行うことがありますが、特に資格があって交渉しているわけではありません。

保険会社の支給額が、加害者に請求できる限度額ではありませんので、納得できない場合には弁護士などの専門家に依頼して、交渉するとよいでしょう。


後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ