整骨院・接骨院の先生方へのメッセージ

弁護士法人アルテでは、日々、多くの交通事故の被害者からご相談をお受けし、法律面のアドバイスや治療中の患者様の保険会社への対応、後遺障害認定手続などに取り組んでおります。

そして、整骨院・接骨院の先生方との連携が特に重要という思いを持っております。

多くの患者様には、通院終了後、腕部や指先の痺れ・頚部痛などの日常生活に影響を与える神経症状が残存しています。

にもかかわらず、MRI画像などの検査資料が不足していたり、整形外科への通院期間や頻度が足りないことを理由として、後遺障害等級認定を受けられないケースが多数あります。

これは、専門家による交通事故の患者様への情報提供体制が不足していること、ひいては交通事故に詳しい弁護士による早期のアドバイスが無かったことが原因です。

交通事故にあった患者様は、頸部や腕部などの辛い症状を軽減させようと、整骨院・接骨院への通院を開始されます。

患者様の中には、整形外科医には通わず、事故後すぐに整骨院・接骨院に通われる方もいます。

そのため、先生方は、事故直後の早いタイミングで被害者にお会いになられています。

もっとも、先生方の多くは、日々の保険診療の患者様への施術があり、保険会社との施術費用の調整などに時間を取られるため、患者様の保険会社との折衝状況や後遺障害認定をしっかりケアできる時間は先生方には多くはないと考えています。

整骨院・接骨院の先生方は、保険会社とのやりとりに時間をとられ、被害者の方々からの交通事故に関する相談を持ち掛けられるが回答に困るなど、なかなか本業に打ち込めないといった悩みをお持ちのようです。

弁護士法人アルテでは、尼崎、西宮などの阪神地域を中心に、多数の整骨院・接骨院様と連携し、患者様への適切な保険料の支払いや補償に加えて、先生方の交通事故対応の負担を軽減し、施術に集中できる環境をお手伝いできればと考えています。

ご質問、ご不明な点等ございましたら、遠慮なくご連絡下さい。


後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ