損害賠償金の計算の仕方

損害賠償金の計算

損害賠償金は、様々な損害項目を合算して計算されます。

損害項目は多岐にわたっていますので、正当な賠償金を獲得するために、自分が請求できる損害項目を漏れなく把握することが大切です。

その上で、各損害項目について、どの程度の金額が妥当であるのかを検討します。

このように、損害賠償金の計算は、①どの損害項目を請求できるのか、②各損害項目における損害額はいくらなのかという視点から算出します。

「傷害事故」で請求できる損害

傷害事故で請求できる主な損害項目は、以下のとおりです。

財産的損害

  • 治療費等
  • 付添看護費
  • 入院雑費
  • 入通院交通費
  • 休業損害
  • 後遺障害による逸失利益(後遺障害がある場合)

精神的損害(慰謝料)

  • 入通院の慰謝料
  • 後遺障害の慰謝料(後遺障害がある場合)

「死亡事故」で請求できる損害

死亡事故で請求できる主な損害項目は、以下のとおりです。

財産的損害

  • 治療費等
  • 付添看護費
  • 入院雑費
  • 入通院交通費
  • 休業損害
  • 葬儀関係費
  • 死亡による逸失利益

精神的損害(慰謝料)

  • 死亡の慰謝料

「物損事故」で請求できる損害

物損事故で請求できる主な損害項目は、以下のとおりです。

  • 修理費等
  • 休車損
  • 評価損
  • 代車料
  • 登録手続費その他

保険会社との賠償金の交渉

後遺障害等級認定の申請の結果が出たら、これをもとに、保険会社と示談交渉を行います。

当社では、弁護士より、必要な資料を収集して損害賠償金額を算定し、ご依頼者様と協議して、ご確認いただいた後、相手方保険会社に提示します。

後遺障害等級が決定すれば、損害賠償・慰謝料に関する示談交渉をすることになります。保険会社は、自社の基準で損害賠償・慰謝料を支払おうとしますが、裁判基準に比べると相当低額です。

保険会社の提示する金額との間に差がある場合は、当社の弁護士より、裁判例、解決事例等を根拠に、主張・立証し、保険会社と粘り強く交渉を重ねていきます。

保険会社との示談交渉が成立しない場合には、訴訟提起して、裁判で主張・立証し、適正な損害賠償金額が得られるよう、尽力いたします。

弁護士法人アルテは、被害者の皆様の立場に立ち、より良い解決に向けて、事故直後より後遺障害等級認定を含め、二人三脚で徹底サポートいたします。

是非お気軽にご相談ください。

こちらのページを見ている人は、こちらのぺーじもご覧になっています!

・当社の解決事例

・当社が選ばれる理由


後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ