後遺障害等級の異議申立て

40代女性会社員が交通事故で右足に怪我を負いました。

右足関節脱臼骨折による右足関節周囲の可動域制限、疼痛等の症状が残り、後遺障害等級14級が認定されていました。

当事務所が受任し、医師と面談の上、必要な医証を収集して、異議申立てを行ったところ、後遺障害等級12級が認定されました。

後遺障害等級の他、争点となっていた休業損害、通院慰謝料をも併せて、示談交渉を行った結果、最終的に保険会社からの当初提示額の約3.1倍の損害賠償金額で和解が成立しました。

13・14級の最新記事

足(膝を除く)の最新記事

後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ