過失割合の立証

20代女性会社員が、交差点で自動車にはねられ首に怪我を負い、後遺障害等級が認定されていました。保険会社との間では、主に、過失割合が争いとなっていました。

当事務所が受任し、交差点の見通しや被害者の供述を確認するため、事故現場の調査を行いました。

そして、事故現場の写真や目撃者の証言、被害者の供述などをもとに主張、立証を行った結果、過失割合が大きく修正され、保険会社からの当初提示額の約2.2倍の損害賠償金額で和解が成立しました。

13・14級の最新記事

首の最新記事

後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ