主婦の休業損害が総治療期間に対する段階的割合で認められる。脛腓骨骨折、踵骨骨折で後遺障害等級14級を取得し、損害賠償金約600万円を獲得。

ご依頼者;40代女性、主婦

傷病名;脛腓骨骨折、踵骨骨折等

後遺障害等級;14級9号

  • 交通事故の発生状況

ご依頼者(40代女性・主婦)が歩行中、横から自動車に衝突されました。

  • ご相談・ご依頼のきっかけ

ご依頼者は、交通事故により、脛腓骨骨折、踵骨骨折等の怪我をされ、入院しました。

退院後、整形外科で通院を継続していましたが、保険会社より治療費の打ち切り等の話をされはじめました。

ご依頼者は、保険会社との対応をこれ以上ご自身で続けることが精神的負担となり、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

  • 当事務所の活動

当事務所は、治療中(症状固定前)より受任して、保険会社との対応をすべて引き受けました。弁護士が受任することにより、以後、ご依頼者が安心して治療に専念していただけるような環境を整えました。

そして、弁護士が、保険会社に対し、医師の見解を伝えて治療の継続性を主張し、保険会社による治療費の早期の打ち切りを回避しました。

 

その後、症状固定しましたが、足の痛み等が残りました。

そこで、当事務所が、医師による後遺障害診断書の作成のポイントをアドバイスして、被害者請求をサポートしました。

当事務所の弁護士が、これまで後遺障害等級の認定を取得できた多くの後遺障害診断書を参考に、どのような診断書の記載が必要かなど、具体的にアドバイスしました。

 

その結果、医師に後遺障害診断書の所見を詳細に記載していただき、かかる所見をもとに、後遺障害等級14級9号を取得しました。

 

そして、当該等級結果をもとに保険会社と示談交渉を行いました。

当初、保険会社は、主婦の休業損害については、賠償金を一切認めないと主張してきました。

 

そこで、当事務所の弁護士より、本件は、特に、通院期間が約2年に及び、かつ通院実日数が多いこと、現在でも日常生活に著しい支障が生じていることを述べて、賠償額を増額するよう主張しました。

また、主婦の休業損害に関して、実際に同居の親族がおり、その者が必要とする日常の主婦業務ができていないことを事実経緯と共に詳細に主張し、賠償額を認めるよう主張しました。

その結果、総治療期間に対して段階的割合で休業損害が認められ、後遺障害慰謝料等につき裁判基準による賠償額が認められました。

 

また、過失割合に関して争点となったので、当事務所の弁護士が実況見分調書を取り寄せ、類似事案の裁判例を挙げて適正な割合となるよう、主張しました。

 

以上の経緯を経て、損害賠償金約600万円を獲得して解決することができました。

  • 当事務所が受任した結果

後遺障害等級14級9号を取得。

総治療期間に対する段階的割合で、主婦の休業損害が認められる。

通院慰謝料、後遺障害慰謝料に関して、裁判基準に増額。

13・14級の最新記事

当事務所からのお知らせの最新記事

膝の最新記事

解決事例の最新記事

足(膝を除く)の最新記事

後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ