追突事故でむち打ちにより後遺障害14級を取得し、損害賠償金約340万円を獲得

ご依頼者;50代女性、会社員

傷病名;頸椎捻挫等

後遺障害等級;14級9号

交通事故の発生状況

ご依頼者(50代女性・会社員)が、自動車を運転して信号で停車中、後方より追突されました。

ご相談・ご依頼のきっかけ

ご依頼者は、保険会社より損害賠償額の提示を受けました。

しかし、ご依頼者は、保険会社の提示が妥当か否か判断できないとのことで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

当事務所の活動

保険会社は、後遺障害慰謝料、通院慰謝料に関して、裁判基準(弁護士基準)より低い金額を主張してきました。

そこで、当事務所は、14級の障害の詳細、程度等を述べて、裁判基準(弁護士基準)をもとに、増額するよう主張しました。

その結果、当方主張による弁護士基準により損害賠償額が認められました。

以上の経緯を経て、損害賠償金約340万円を獲得して解決することができました。

当事務所が受任した結果

賠償金約340万円を獲得

通院慰謝料、後遺障害慰謝料につき、当方主張の裁判基準(弁護士基準)で算出。

当事務所による解決のポイント

通院慰謝料、後遺障害慰謝料等は、通常、保険会社は、自賠責基準、任意保険基準等の低額な賠償金額を提示してきます。

当事務所は、裁判基準(弁護士基準)に増額するよう、現在でも仕事や日常生活に著しい支障が生じていること、14級の障害の詳細、程度等を、主張・立証した結果、大幅に増額して解決することができました。

 

13・14級の最新記事

むちうちの最新記事

当事務所からのお知らせの最新記事

解決事例の最新記事

首の最新記事

後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
  • メール受付
  • ご相談の流れ